« February 2011 | Main | May 2011 »

March 21, 2011

未来ある子どもたちの心を守るために

被災地のみなさんには
心よりお見舞い申し上げるとともに
一日も早い復興を願っています


この場でできることはなんだろう
と思い

私の知っている知識や経験
そして、思いを書きとめたいと思います


今回の地震や津波は想像を絶するものがあります
テレビによる報道を見て
命の大切さを伝えようとする方がいらっしゃるかもしれません
その場合気をつけなければならないことがある
という専門家がいます

命という概念が
ロジカルにわかるのは小学3~4年生以上
ということです

したがって
2年生以下の子どもと一緒に
報道を見るときには
細心の注意が必要ということです

「死んじゃったんだね」
「お父さんと会えなくなったんだね」
ということを口にしてしまうと
そのことだけが子どもの心に残るようです

むしろ
一緒に報道にふれるときには
「●●ちゃんには、パパやママがいるからね」
「大丈夫だからね」
という言葉かけをすることが必要となってきます


阪神大震災のときにも
二次的な災害ともいえる
報道の影響による子どもたちの心的外傷が報告されています

・夜中にトイレにいけなくなる
・突然大声をあげる
・ジャングルジムが崩れるかもなどと極度に怖がる
・チックや爪かみといった行動をとる

というものです

被災地でない方々のお子さんで
そういった症状の方がおられたら
次のようなことをしてみてください

・一緒に寝る
・一緒にお風呂に入る
・大丈夫だよと声掛けをする
・宝ものにしているようなものを枕元におく
・一緒に遊ぶ、歌を歌う、絵を描く
・肩車やおんぶ、抱っこをしてあげる

少し小さなお子さんの場合には
絵本の読み聞かせなどがいいと思います

楽しい絵本がいいと思いますので
長新太さんや長谷川義史さんの
ナンセンス絵本がおすすめだと思います

肉声で楽しいお話を聞くことで
安心感を得られると思います


もう一週間もしないうちに
小学校は春休みを迎えると思います

我々大人でも少し先に不安を抱えている状況なので
子どもたちも感受性が高ければ高いほど
不安や恐怖を感じているのではないでしょうか

春休みに
そんな不安を抱えて
一人で留守番をするような子が増えて
その不安が増幅しないだろうか
などとも心配してしまっています


ともあれ
わかった人間がこうやって
誰でもできる対処法を
多くの人に発信することも
二次災害を食い止める手段だと思っています

是非
コピペして多くの人に知らせてください

March 16, 2011

思考も感情もごちゃごちゃになっていますが

地震と津波があって
ただただ呆然と報道に食い入り
「大変だね」と人ごとのように会話しながら
日常を送っていますが
非常に心を痛めております

被災者の方々には心より
お見舞い申しあへます
また
一刻も早い復興をこころから
願っています



そんな僕の痛んだ心を
25分の音声ファイルが救ってくれました

私が敬愛してやまない神田昌典先生と
横浜国立大の臨床心理学の専門家である堀之内高久先生の
対談テープです

こちらからダウンロードできます↓
http://www.almacreations.jp/seminar/news/20110315.html

どうやって
痛んだ心をいやすか
また
連日の報道で心を痛めた子どもたちと
どう接っするかが語られています

ビジネスリーダーの方や
教育関係の方には
是非聴いてほしい内容です

« February 2011 | Main | May 2011 »

My Photo
無料ブログはココログ
December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks