« June 2010 | Main | August 2010 »

July 28, 2010

術後一週間たちました

息子の胆道閉鎖症のための
生体肝移植が済んで
今日で一週間です

術後はICUに入り
面会時間も決められているという状況で
毎日病院へ通っています

毎日通っていると
少しずつですが
日に日に良くなっている感じを受けます

黄疸を示す
ビリルビンの値ももうそろそろ正常値へ
といった感じです

ただ
人工呼吸器をつけ
抗生物質などを入れるための点滴のラインをさし
ミルクを胃にダイレクトにいれるための
チューブが鼻に入れられている
という状況なので
見た目はまだまだ痛々しいです

多くの方に
励ましやアドバイスをいただきながら
息子の病気に
家族全員で向き合っています

仕事も一カ月以上休むことにしており
自分と向き合う時間もあり
どう将来をプランニングするか
真剣に考えています

また
お知恵をお貸しください

July 21, 2010

生体肝移植がおわりました

昨日
息子の生体肝移植が
無事に終了しました

主治医から
息子の肝臓を見せてもらいましたが
まさしく
機能していない臓器
という感じの
どす黒く重たいイメージの肝臓でした

中から胆泥と呼ばれる
胆石になる前の泥状のものを
取り出し見せてくれました

ほぼ全体が肝硬変になっていて
機能している肝細胞は少なかったようです


そんな肝臓をとり出し
新しい肝臓を入れ
息子は手術室から
無事に生還しました


ここから10日余りが
予断を許さない状況ですが
ともあれ
手術が無事に済んで良かったです


応援してくださった皆さん
ありがとうございました

July 14, 2010

さて、この数ヶ月間のことをお話しますね

深呼吸をして
肩の力を抜いて
できるだけ感情をフラットにして
お話します

2月4日
節分の日に
昨年末に生まれた長男が
「胆道閉鎖症」という重篤な病気だと診断されました

肝臓疾患の病気で
放置すれば
2年以内に100%命を落とす
という病気です


2月の9日
3月の9日に
葛西手術と呼ばれる手術を二度行いました

手術を行ったものの
肝臓の劣化を止めるには至らず
そのうち肝硬変になり肝不全になり
死んでしまうという見通しになりました


現在の医療事情では
生体肝移植しか命を救う手はない
ということになり
4月の時点で
「私がドナーとなり7月に移植を・・・」
という段取りで
劣化の進行を緩めるような治療を続け
息子を自宅に戻した状態で
経過観察していました

6月の末より
私のドナー検査が始まりました

ドナーとして適当かどうかという
結果が出るまでに
とても長い時間がかかり
やきもきする時間が続きましたが
移植まで10日
という日にNGと判断されました

リンパ球の型が
息子の体を攻撃するタイプだとわかり
移植には適さないでしょう
という所見でした

その確率は
約1%ということもあり
なんとも言えない空気が
私を覆いました

この数カ月
移植のために
精神的にも、仕事の面でも
そうとうなプレッシャーを抱え準備をしてきましたが
それをデリートされた気分だったのです

しかし

しかしです
移植をしないと息子の生存が危ぶまれるのです

なので
次のドナー候補を立て
検査してもらいました

結果
GOサインがでそうな感じです

移植は来週です


同じ病気のお子さんを抱えていらっしゃる方からは
「移植はゴールではなく、スタート」
と教えていただいています

確かに
移植後も
生活にはかなり気を使わないといけない日々が続くようです


このブログにて
どのタイミングでこのことを書こうか悩んでいましたが
やっと移植の見通しがたったので
書かせていただきました


これからも
ただただ
淡々と粛々と
いつものように毎日を過ごしていきたいものです


July 04, 2010

200円足らずで顕微鏡を作ろう!

昨年の今ごろ

お金をかけずにペットボトルロケットを作ろう!
といこうとで

ペットボトルロケットの話をしましたが

今年の夏は
【ペットボトル顕微鏡】
です

用意するのは
ペットボトルとガラス玉
セロハンテープなどです

Dsc00031


写真を見てわかるように
穴をあけるための道具がいります

私はドライバーの穴あけにしました
千枚通しなどでもいいと思います

大変なのは
ガラス玉です

理科分野の人なら
ご自身で作ればいいのですが
私は
探しに探して
見つけました

これ↓
Dsc00032

手芸センタードリームで
130円でした

おそらく正味1個が1円くらいでしょうね


ペットボトルを上の方で切り取り
蓋に穴をあけて
このガラス玉を埋め込むだけで
完成です


ペットボトルの残りの部分で
プレパラートを作り
本体の注ぎ口にテープで付けて
観察できます

葉っぱの裏側の皮の部分を
観察すると
こんな感じです

Dsc00030


説明が詳しくなくてごめんなさい
いろんなサイトで
ペットボトル顕微鏡
のことが掲載されていますから
参考にしてください


夏休みの自由研究に最適ですよ!


« June 2010 | Main | August 2010 »

My Photo
無料ブログはココログ
December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks