« January 2006 | Main | March 2006 »

February 01, 2006

人が死ぬということ

昨日、おとといと2日続けて

人が亡くなった

という訃報が入った
2人とも同世代
(お一方は、お通夜に参列させていただきました)

人が死ぬことによって
いろんな(いい意味での)影響ってあるんだなあ
と、改めて感じた

僕の父親が亡くなったときも
半年以上、意識がない状態が続いた
身内としてはキツかった
しかし、、、である
意識のない父親
口を開かない父親
にも、大きな役割があるなあ
と、当時感じていたのである

どういうことかというと
「いつ亡くなってもおかしくない」
という状態になってからが長かったということもあり、

身内どうしで会話する機会が増えた

んです。疎遠だった親戚も同様。
つまり、近くて遠い(僕にとって遠かった)大人の方々と
お話する機会を何度も得られたのです

正直いって、
その時期が
家族とか、親子とかを、
真剣に考える土壌になっている気がするんです

両親との葛藤が取れていないと
組織の中でのマネージメントに支障がでる
といった組織マネージメントの基本的な考え方も
腑に落とすことができている

今回、なくなられた2人のおかげ(?)で
改めてそんなことを考えることができました

お二方に感謝するともに
御冥福をお祈りいたします

« January 2006 | Main | March 2006 »

My Photo
無料ブログはココログ
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks