« June 2005 | Main | August 2005 »

July 25, 2005

人生の旋律

神田先生の新刊を発売と同時に買い
やっと読み上げました

「自分のセルフイメージを高めよう」
決意した
というのが正直なところ

小学校の先生をやっていながら
なんで経営コンサルタントのかいた本なんか読むの?
とお聞かれそうですが
ビジネス界いる人は
“毎日が、真剣勝負”
なんですよ

つまり、
判断を誤ると「おまんま食い上げ」状態になる
それ故に、
正しい知識を正しく伝えようとする良書が多い
その「良書から学ぼう」というのが
僕のスタイルなんです

ただでさえ、
日本は欧米と比べて多くの分野で出遅れていますよね
教育界は、、、、
未だに混迷状態ですよね

マインドマップを書かせたり
クッシュボールでグッド&ニューをしたり
ピタ−・クライン先生のアクティビティを取り入れたりしていますが
良く考えてみると
クライン先生の統合学習は1980年代ですよ
20年以上も遅れているじゃないですか!
で、
遅れているって感じている人は
教育の現場には希有ですよ

そのことをしっかりわかっているのも
ビジネス界のひとですよね

でも、
誰かがやらねば!

トウタの生きざまを拝読させていただき
日本の将来を背負う若人を育成する
という新たなミッションを胸に
自分のセルフイメージを高め
それに見合った行動をとるぜ!!!

決意した次第であります

神田先生、
またまた、気付きと学びをありがとうございました

July 21, 2005

ボクサーとして

今年も詩のボクシング岡山大会"に出場します。
明後日の土曜日が試合です。

夏休みに入る前に、児童達に
「先生は、この夏休みにボクサーとして戦ってきます」
と宣言しているので、
土曜日に行われる予選会くらいは通過したいなあ

思っています

みなさん
詩のボクシング
って知ってます?

知らない方は
是非、この土曜日に
西川アイプラザへ見に来て下さい。

July 17, 2005

クッシュ・ボールもどきで、グッドアンドニュ−

DSC04662
先日、文房具屋さんで、この写真のようなボールを買った。
すぐに、
「これって、クッシュボールの変わりに使えるんじゃないの?」
と思いました

300円足らずのこのボールを買って、
クラスで紹介してみた

もちろん
ピータークライン先生の
『こうすれば組織は変えられる』(フォレスト出版)
も少しだけ紹介した。
小学生なので理屈っぽくなると
理解しにくくなると思ったので
この本に紹介されいていますという程度

で、
指先を刺激することで、
脳を活性化したり、
自分をリラックスさせたり、
できるんだよ
といって
休み時間などには
自由に触ることができるように置いているんです

この学期末に
このボールを進行役に
「○○さん、あなたに質問です。
 ○○さんにとって、この一学期で
 一番良かったことは、何ですか?」
と、クラス全員に聞いてみた

以前、道徳の時間に
ボールなしで、同じように
「24時間以内にあった、良かったことを教えて下さい」
と、やってみたことがあるんですが、
そのときよりも数倍盛り上がった

今から児童達は、受験の夏を迎えます

勉強だけでなく
その方法や
自己マネージメント、イメージトレーニング
あるいは
コーチングといった
僕が体験し、勉強してきたものを
教える、伝えることができたらいいな
と、思っています

July 13, 2005

ちょっと宣伝

僕は、もうひとつブログをやっていて、
そちらでは、僕と現在1歳8ヵ月の娘との
ことばのやり取りを綴っています

で、
なんと、そのブログが
教育テレビの『すくすく子育て』という番組に
取り上げられることになったんです

放送は、
今週の土曜日(7月16日)の夜9時から
です

是非、ご覧いただき、感想を聞かせて下さい。

July 10, 2005

エブリデイ・ジーニアスの実践 その後

ちょと前にピータークライン先生の理論を実践していると報告しましたが、
その後、どうなったかを報告しますね

「国語が好きになった」
と口にする児童が増えたというのが実感です

本来なら考えられなかったのですが、
「岡山市民童話賞」とか
「みつばちの童話コンクール」とか
に応募するために、物語を書いてるのです

なぜ、本来なら考えられないか、というと
まさに
「国語苦手」「作文苦手」
という子ばかりだったのです

実際に「みつばちの童話コンクール」という
岡山県の鏡野町にある山田養蜂場という会社が主宰する
コンクールには、13人の子が応募したんです

ある子は、
「市民童話賞のやつ書けた〜」
といいながら、原稿用紙10枚分の物語を手渡してきたんです
僕もびっくり、そして、その子の親も相当びっくりしている御様子で
「先生、家に帰ってきても作文ばっかり書いているんです、、、」
と。
当の本人は
「10枚書ける」
という自信に繋がっているようです
「今から10年やっても22才、書き続ければ花開くよ!」
などと言いながら、指導を続けています。

今年中に教え子の中の誰かが賞をとってくれるといいなあ
と、密かに期待しています

« June 2005 | Main | August 2005 »

My Photo
無料ブログはココログ
December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks